生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

金をどう稼ぐか? LINEスタンプを売る試み。

time 2016/07/12

金をどう稼ぐか? LINEスタンプを売る試み。

スポンサーリンク

「自給自足を目指す」とは言え、金も多少は要るのが現実です。

そもそも農作物だって、いきなり収穫出来る訳じゃないので、当面食べ物は金で買うしかありません。

後は、どれくらい文明的な生活を望むかにもよりますが…

作物が収穫モードに入って食費がかからなくなったとしても、山奥に完全に籠る仙人とか修行僧レベルでなく、そこそこ「普通の人」として生きていくには、今の社会システムが続く限り、ある程度の金も必要でしょう。

やっぱり「金をどう稼ぐか?」と言うのは逃れられないテーマな訳です。

農業で収穫したものを売る、狩猟で捕ったものを売る、山林で採取したものを売る…

そういったアナログな方法も考えてはいますが、都会で長く生きてきて、デジタル能力もそこそこ蓄積しているならば、それを活かすのも一つの手です。

私が少し前から試みている金稼ぎ方法として「lineスタンプを売る」というものがあります。

一度は見送った

lineスタンプのマーケットが出来て、一般人が販売できるようになったのが2014年頃でしょうか。
当初は羽振りのいい話を耳にする事もありました。
「月に何十万も儲かった」とか。

しかし当時私はlineを使っても無く、既に「出遅れた」感がありました。

「儲かったのは競争相手が少ないブルーオーシャンだったからだ」と容易に分りました。
美味い話を聞きつけ殺到する新規参入者の群れによって、これからはレッドオーシャンになっていく事も。

実際、今はもう、ちょっと検索すれば「儲からない」と言う話がゴロゴロ出てきます。
開始当初は登録スタンプが数千点だったマーケットも、いまでは数十万点あるようです。

そんな訳で当時は参入する気も起きませんでした。
当時は一応働いていて収入もあったし。

考えを改めた理由

その後、販売しようと考えを改めた理由は…

・単純に知人とlineでの会話中「このセリフのスタンプがあったらここでウケたのに」と思いついた。
売れなくても自分の為に欲しかったので、ダメで元々一つ作ってみようかと思った。

・自分の中で「経済的な生存戦略」の方向性が明確になってきた。
具体的には…
「自給自足で食を賄い、水や薪を無料で使え家賃がタダみたいな田舎に移り住む事で生きるのに必要な金の額を小さくする。フルタイムの本業を持たず、低収入の副業を複数重ねる事で金を稼ぐ」

その副業のピースの一片としてlineスタンプをやってみようと思ったのです。
何万も稼げなくても、毎月自動的に幾らかでも足しになればそれで良しと思ったのです。

これまでの戦績

2016年2月から売りはじめ、現在までに5種類のスタンプを販売しています。

余談ですが、販売にあたり作者名を決める必要があり、適当に思いつくまま「松戸 鳴戸」という名義にしました。
某ハンバーガーショップのピエロを思い浮かべつつ決めたのですが、後で「千葉県松戸に鳴戸部屋という相撲部屋がある」事実を知りました。

第一弾 ガテン系おじさん

最初に出したのはコレ。
lineスタンプ「ガテン系男達の日々」
LINEストア 「ガテン系男達の日々」

 

指さし確認、良し!

「指差し確認良し」とか、この辺が使いたいが為に作りました。

苦労したのはネタ出し。
40個も作らなくてはならないので、セリフを考えるだけでも結構時間がかかりました。

絵の作成も結構ノンビリ、空いた時間などにちょこちょこやったので、結局思いついてから発売するまでに半年以上かかりました。

どれくらい売れたか?

2016年2月の頭に発売開始。
発売当日に数にして10以下。金額にすると300円足らず売れましたが、これが最高潮でした。
後は…一週間に1つとかのレベルで売れて、結局2月の売り上げは586円。

その後は…
3月:248円
4月:104円
5月:31円
6月:186円
7月は今のところまだ0円…

ここまで合計1155円。

 

第二~四弾 ニートの演説シリーズ

こんな感じのニートが主人公のスタンプです。

だいたい日本人は働きすぎなんだよLINEストア 「ニートの演説 正当化編」

まったくやる気がございません
LINEストア 「ニートの演説2 心情編」

逃げではない。戦略的撤退だ。

LINEストア 「ニートの演説3 議論無双編」

これもキッカケは知人(当時無職)とlineでの会話中にネタを思いついた事。

第一弾は「現場労働者」と言うテーマはあったものの、明確なキャラ設定はありませんでした。
だから男たちの描写もマチマチ。

第一弾の時はセリフも他者の出したスタンプを参考にしたりしました。
無意識に「無難さ」みたいな事を気にして「セオリー」「スタンダード」を探っていたのかもしれません。

一方、こちらは苦労した覚えもなくスルッとキャラ設定が決まり、セリフ集めも容易でした。
むしろ次から次へと言わせたいセリフが湧いてきて、40じゃ収まらない勢い。
自分がいかにニート系の人間か再確認しました。
また、「キャラ設定をしっかりする」という事がセリフやストーリーを考えるのに良いエンジンになる事も実感しました。

そんな訳で2,3,4弾は連続で作成、発売しています。

第一弾があまりに売れなかったので、逆に吹っ切れたという面はあります。
「悩んだり苦労したってどうせ売れないんだから」と。

また、あまりに売れない第一弾の反省を踏まえて、多少の宣伝効果を期待して専用のブログを立ち上げました。(現在放置中)
ニートキャラになりきって「働きたくない」系の記事を書かせました。

結果は?

 

ニートシリーズ①正当化編

ニートシリーズ第一弾は2月23日に売り出しました。

第一弾同様、発売直後に最大の売り上げがあり、1日で538円。
その後は勢いが下がるも第一弾よりはマシで、2月の売り上げは1222円

その後は…
3月:¥1,631
4月:¥1,387
5月:¥579
6月:¥633
7月は今のところ¥124…
合計4,354円

 

ニートシリーズ②心情編

3月3日に発売し、当日の売り上げが¥1,167。
その後…
3月:¥3,317(発売当日分も含む)
4月:¥1,625
5月:¥714
6月:¥683
7月は今のところ¥124…
合計6,443円

 

ニートシリーズ③議論無双編

3月9日に発売し、当日の売り上げが¥546。
心情編よりも爆発力が低く、「あれ?」と思ったのですが、これに関しては2日目も勢いが極端に下がらず¥442。
他のものは逆V字で発売後はガクッと落ちるのですが…

その後…
3月:¥2,621(発売当日分も含む)
4月:¥2,243
5月:¥1,974
6月:¥850
7月は今のところ¥321 …
合計8,009円

特筆すべきは5月ですね。
基本的に5月にはもう完全に勢いを失っていて、「一日の販売数は0~多くても2個」(売り上げにすると62円以下)ペースだったのが、何故か5月31日に急激に上昇し、その日だけで¥1,165売れてます。個数にすると37個前後。
専用ブログの方のアクセス数もその日、特に変動はありません。

私の知らない所でちょっと話題になったのか…?
それで勢いが復活すれば良かったけど、別段そんな事もなく、翌日からは「一日の販売数は0~多くても2個」の状態に戻ってました。

 

 

まとめ

・共通して言えるのは、「基本、発売直後が一番売れる」
それはハッキリ数字に表れています。
理由は...恐らく「New」みたいな欄に表示される事でその間は注目を浴びるから。
しかし次々と発売される新スタンプにあっと言う間に埋もれていく...
賞味期限はせいぜい2か月位か…

・因果関係はハッキリ言えないけど、ブログも多少は効果があるような気がしないでもない。
そう思う理由は...ブログ宣伝したのはニートの方だけ。そしてニートの方が息が長く売れている。

ただし...
①ニートの方はそれだけで3種も出している。
=どれか一つが目に留まれば、他もマーケット上で「関連スタンプ」として表示される。
②ガテン系より見た目のクオリティも高い。
③そもそも売れれば売れるほど「誰かがスタンプを使い、それを見た人も買う」連鎖、感染経路が大きくなる。
④世の中にはガテン系の人より「働きたくない人」の方が多い?
と言った宣伝以外に有利な条件もあるので何とも言い切れません。

ブルーオーシャン、キタ━━━(゚∀゚)━━━!? アニメーションスタンプ

信念は揺るがない。働きたくない。
LINEストア「ニートの演説 アニメ編」

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!」って久しぶりに使いましたよ… ネット上でも最近はあまり見なくなった気がする。

ニートシリーズを3つ出して、何となく一区切りついた感があり、売り上げも落ちて低空飛行で変動がなくなっていきました。
その後は引っ越しや、その後の生活等に追われ、当初は毎日見ていたlineスタンプの販売管理画面もあまり見なくなりました。

6月半ばも過ぎた頃だったか、久しぶりに売上を確認しようとしたところ...

お知らせ欄に「6月後半にアニメーションスタンプのマーケットが解放される。既に審査が始まっている」旨書かれていて焦りました。

「しまった!出遅れた!?」
マーケットが解放された直後に販売できれば、少しの間はブルーオーシャンでの戦いに出来るかもしれません。

そう考えて、急いで作成を開始しましたが、アニメはイラストよりもやっぱり手間がかかる。
必要個数は24なので、その分通常のスタンプより楽かと思いましたが...

 

結果は?

7月6日の夜に販売開始し、現在までに¥683の売り上げです。
スタートダッシュの爆発力は今までよりも低いです。
「ブルーオーシャン無双でウハウハ!」とか想像して頑張って急いで作ったのに…

ただ、今のところ「LINEアプリ内スタンプショップ」には「アニメーションスタンプ」と言うカテゴリが無いようで、通常のスタンプに埋もれているのかもしれません。
LINEのインフォメーションを見ると「7月中に対応予定」とあるので、その後に期待です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー