生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

超シンプルDIY テーブルの高さを調整する

time 2016/05/22

超シンプルDIY テーブルの高さを調整する

スポンサーリンク

最近、「アルモンデ共和国」と言う言葉を人から聞いて偉く気に入ってます。
要するに「安易に買って済まそうとせず有る物で(アルモンデ)何とかする」って事らしいです。

テーブルが無い…

前の家主が残した座椅子は状態も良かったので有り難く使っていますが、それに座ってPC等使えるテーブルが欲しい…
良し。ここはアルモンデ共和国で行こう!(まあ、金も無いんだけど)

そして…
押し入れからかなり古い、汚いアイロン台を発見しました。
テーブルとしてどうだろう…

かなり古いアイロン台

かなり古いアイロン台、裏から見た図

 

座椅子に座って足を伸ばすと…
ちょっと低いな~
何とかならんか…

かなり古いアイロン台、座椅子テーブルとして使おうとすると低い

 

そうだ、竹を足にしよう。

この状態のアイロン台にそこまで手をかけるのも面倒だと思ったので、出来るだけ簡単な方法で解決したかった。
で、アイロン台の形状を眺めていて思いついた。
「元から付いてるアイロン台の足に竹をスッポリ被せたら良くね?」
竹なら家の周辺にいくらでも生えてるし。

早速切ってきた。

一応気を付けたポイントは、強度を考えて下部は竹の節のすぐ下で切った事。
大体同じ長さに切った太めの竹

スポンサーリンク

 

ピッタシ。

竹をアイロン台の足に被せます

 

良い感じの高さになったアイロン台

 

接地面が斜め問題

アイロン台の足は斜めに伸びているけれど、竹の下部はフラットに切った為、テーブルを立たせると接地部分が斜めに当たっている状態。

竹の足、接地面

それなりの物を作るならシビアに考えたい所だが、さほど重い物を乗せる訳じゃなし、これでもグラつきは無いのでとりあえず良しとした。

汚い天板はどうする?

同じくそれなりの物を作るなら綺麗な布でも買ってきて貼る所だが、とりあえずメンドイのでタオルを被せた。

天板にはタオルを被せた

 

反省点

やっつけ仕事なので反省等と言うと大げさだが…

4つの竹の足は一本の竹から切り取った為、太さが微妙に異なる。
そしてアイロン台の足がスポスポに余裕をもって入ったのが最も太い1か所。
残り3か所は押し込んで入った状態だった。

しかしアイロン台の足は折り畳み式の為、バネのように伸縮するので、押し込んで入れたと言っても竹足の脱着は簡単。
むしろ竹足を履かせたままテーブルごと移動させたい場合、足がすっぽ抜けないので押し込んで入れる位の方が「正解」だと思った。

でもメンドイので最も太い一か所も特に作り直す気は御座いません…
移動させる時もその足だけ押さえれば済むことだし。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー