生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

自分で蒔いた種でもないのに、咲き乱れた実を食わされる?

time 2016/06/28

自分で蒔いた種でもないのに、咲き乱れた実を食わされる?

スポンサーリンク

畑ではない、庭の端っこに、いつの間にか勝手に生えて来た草に、小さな花と実がなっていた。
これ、もしかしてミニトマトじゃね?勝手に生えて来たトマト?

種をまいた覚えがないのはモチロン、ここに来てからこの家でトマトは食べた事も無い。
つまり食べ残しとかも出ている筈がない。

また先日定植したトマト苗はまだ実がなっていない状態。
だから運んだ時に種がこぼれたという事も有り得ない。

スポンサーリンク

要するに… 一体どうやってここに出て来たんだ、コイツは?

恐らく、どこかでトマトを食べて来た小動物か鳥が糞をして、そこから生えたんではないか?

これは有り難くこのまま育てようと思う。(基本放置して見守るだけだけど)
そのうち実が食べられるようになったら嬉しい。

これを眺めながらフト思ったのは、作物を育てている人は「鳥に食われる」のを忌み嫌うが、目先の事だけでなく、「日本の食糧自給率」みたいなデカいレベルで考えれば悪い事ばかりじゃない、多少は食われるくらいの方が良いのではないかという事。

このように、勝手に意図しない場所に種まきをしてくれる訳だから、「勝手に食糧自給率向上計画」的に考えれば、これは非常に望ましい状態。
鳥だか小動物が計画に参加して工作員として活動してくれている訳だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー