生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

白菜カーニバルの開幕だ

time 2016/12/21

白菜カーニバルの開幕だ

スポンサーリンク

今日、Googleのトップ画面、見ましたか?

こんな画になってましたね。

今日のgoogleトップ画面

何事か?と思ってクリックしたら、今日は冬至だったんですね。
まだまだ寒さのピークには達してないでしょうが、これで何とか、これから日は徐々に伸びていく訳ですね。
何かちょっとホッとします。

知り合いから白菜をドッサリ貰った

ドン!大量の白菜を貰った
これ、白菜は二段か三段重ねになっています。
しかももうひと箱あり。

専業の白菜農家の知り合いが「虫食いとかで出荷できなかった訳アリ品」をくれたのです。
激ありがてぇ。
どこが訳アリなのかサッパリ分らない!(強いて言えばアブラムシがちょっとついてる)

ウホウホ、白菜食い放題だ!(゚∀゚)

先日のイノシシ肉ゲットと良い、急に食生活が豊かになってきたぞ!

 

ところで、自分で育てている白菜はどうなった?

一応、死んではいないですが、成長は芳しくありません。
一番良い株でこんなもの。成長芳しくないマイ白菜
後は大体、こんなもの。成長芳しくないマイ白菜

マイ農の教科書

によれば、白菜は難易度レベル3(この本の中の格付けでは最高レベル)で、「肥沃な、水はけの良い土地を好む」とありますので、実はやるまえから「厳しいかもな」とは思ってました。

私の畑は元田んぼですから水はけも悪いし、長年放置されてただの野原に戻っていた場所で、しかも無肥料、土地は痩せていると言えるでしょう。
やる方も素人同然。

だから、基本的には当面「痩せた土地でも育つ、難易度の低い作物」を選んでやろうという方針でしたが、実を言うと、私...

白菜が好きなのです。

それで、ついつい手を出してしまったのです。

でも、逆に考えると、そんな悪条件でも上記写真程度には育ったのだから、「意外となんとかなる」とも言えるかもしれません。
もうちょっと真面目に面倒見て、肥料とかもやったら案外イケたのかも...

しかし、この度大量に「完成品」を貰ったので、もはやマイ白菜は「食料として期待する」レベルから「趣味」のレベルになりました。
これからは生暖かい目で見守る事にします。

 

物々交換戦略の萌芽

ところで、大量に貰うばかりじゃ悪いなと思って、例のイノシシ肉を少しおすそ分けしました。
ある意味、物々交換ですな。

それで思ったのは、「自分には(ここの土地では)難しい作物の栽培は完全に放棄して、このように自分で入手しやすいモノと物々交換する事を前提とするのも手かもな」という事。

何でもかんでも自分でやるこたぁ無い。

 

大量の白菜どうしようか?

「白菜が好き」(主にミルフィーユ鍋とかが好き)とは言え、ヒトリモンのクセに一度に大量に手に入ったもので、正直「食べきれない」面もあります。

どうしよう?

 

自家製キムチ

最初に思い付いたのは「キムチ」
1,2回は「桃屋のキムチの素」


で作りました。

ま、非常に簡単ですね。
ただ切って混ぜるだけですから。

そこそこ美味いですが、正直、市販品の完成キムチと比べるとイマイチ。

そこで「自家製キムチ」のレシピをネットで調べると、大量のパターンが出てきました。

人によってやり方は千差万別。

色々なレシピから簡単かつ低コストな方法を探していきます。

クックパッドで見つけた「干し白菜で簡単」というパターンに目を付けました。
「塩抜き」工程が無い分、簡単そうな気がしました。

それに以前、100均に野菜干しネットが売ってたのを思い出したのです。
野菜干しネットは今回の件に限らず、今後も色々使い道がありそうですし。

ただ、いざ野菜干しネットを100均に買いに行ったら、前に見たモノよりグレードダウンしていました。
ネットの段が3段から1段になっていたのです。(一度に干せる量が減った)
妥協して買うと今後の潰しが効きにくいと思って、100均で買うのはとりあえずスルーしました。

なので、結局、干さずに「切って塩もみして一晩重しをする」事で圧縮する事にしました。
塩抜き工程を省きたいので、塩の量は上記のレシピと同じ、白菜重量の2%としました。

「塩もみして重しする」事は嵩減らしにはかなり効果的で、1kgの白菜1個が...
白菜の浅漬けこのようにビニール袋1枚に収まってしまいます。

キムチの素の事をヤンニョムと言うらしいと、今回初めて知りましたが、そのヤンニョムも適当に解釈して都合よく改変しました。

スポンサーリンク

色々レシピを見ると、多くのパターンに共通して入れるものとして「リンゴ」がありました。
ただ、「梨や柿でも良い」等と書かれているものもあるので(正に上記のクックパッドレシピもそう)、「何らかのフルーツで良いんだろう」と解釈しました。

恐らく...発酵させる菌の餌として重要なのでは?

庭の柿が取れれば当然タダのソレを使ったところですが、柿はサルに皆食われましたからね...

キムチも1回2回作る程度ならリンゴ買うのも良いのですが、大量に何度も作ろうと思うとバカにならないコストです。
安い代替品は何かないか?

という事で、一個あたりが安いフルーツの代表、バナナを使う事にしました。
しかも熟れすぎて半額とかになってるヤツを。

バナナ使ったキムチのパターンは見つからなかったので、私が人柱の実験です。
でも、問題ない自信はありました。
尚、キムチ一回分でバナナ一本使います。

後は手間とコスト削減の為、玉ねぎ、ニンジン、ネギ、ゴマ、エビも省略し、重要そうな最低限の材料のみ揃えました。

唐辛子とナンプラー、ショウガ、ニンニク、ダシ、それから高いハチミツの代わりに砂糖。
おまけにエビの代わりにカツオ節を適当に入れ、どこかで読んだ「発酵を促進させる秘訣」の小麦粉大さじ1を足しました。
自家製キムチの元
一応、各分量ですが、上記のクックパッドレシピに準じています。
1kgの白菜一個分
・ニンニク、ショウガ各20g(すりおろす)
・ナンプラー30g
・唐辛子30g
・砂糖30g
・バナナ一本
+カツオ節少々
+小麦粉大さじ1

コレをあらかじめ混ぜておきます。
バナナは一度冷凍し、解凍すると、グチョグチョになって潰しやすいです。

白菜は水を絞った上で(ビニールに入れたまま絞るとやりやすい)、上記の自家製キムチの素をブチ込み、袋の上からモミモミ。
白菜の浅漬けにキムチの元を混ぜる

常温で半日~1日放置(と言っても家の場合、今時分、冷蔵庫の温度と大差ないかも)し、後は冷蔵庫で保存。自家製キムチ
尚、唐辛子は「業務用スーパー」に250g入りの徳用(キムチ用)が売っていました。
250円くらいでした。
ナンプラーも「業務用スーパー」で手に入ります。
800ccで200円くらいでした。

店で手に入らなかったら後はネットですね...

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナンプラー・ティパロス700ml【16P03Nove15】
価格:160円(税込、送料別) (2016/12/21時点)

 

結果は?

美味しかったですよ。
やっぱりバナナで全然問題無いと思います。(と言ってもリンゴで作った版を食べた事無いのだけど)

ただ、甘みが強すぎる気はしたので、砂糖の量は次回から減らす事にしました。

豚キムならぬ、猪キム

さっそくのコラボレーション料理もやってみました。
さばいたイノシシ肉の切れ端をキムチと一緒にごま油で炒めました。
豚キムならぬ猪キム
大変美味かったです。

 

一回やってみなって。濃厚・白菜カレー

キムチを作る際、一晩重しして水出しをする訳ですが、結構な水分が出る訳です。
最初の幾つかはその水分、捨ててしまったのですが、モッタイナイ気がして、利用する事にしました。

その方法は、カレーです。

カレーに白菜?
と、思うかもしれませんが、検索するとこのレシピも案外ヒットするので、割と広く作られているようです。

600gの白菜一個を同じように塩もみ~一晩重しで嵩減らし&水出ししました。
これをそのまま具としても使います。
また、これに加えて、キムチに使った1㎏の白菜から出た「水分」も加えます。

水分量はこの時点で400㏄位ありました。
後は100㏄だけ水を足し、普通にカレールーを使ってカレーを作ります。
使ったルーは5皿分です。

白菜カレー
白菜カレー、初めて食べましたが...

驚いた。
白菜カレーがこんなに美味いものだったとは!

何と言うか...「濃厚」です。

これは今後レパートリーだな。

皆さんも是非一度やってみると良いですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー