生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

曼珠沙華

time 2016/09/20

曼珠沙華

スポンサーリンク

玉ねぎの種まき

9/20
朝からなかなかの雨。
一日雨かと思ったら、15時頃止んだ。

土が湿りすぎもどうかと思ったが、どうせしばらく天気が悪そうなので、まき時を逃す前に玉ねぎの種まきをする事にした。
(むしろ、これでも少し遅いかも。何かと言うと腰が重いのが悪い癖。特に百姓するには良くない癖だな...)

品種はネオアース

ホームセンターで色々な種が並んでる中、「貯蔵性に優れる」と書いてあったので、食料として良さそうだと思って購入。
値札を見間違えたか、レジで金額を見たら一袋500円と思ったより高くて驚いた。

玉ねぎのセオリーは、まず小さい面積で苗を作るものらしい。

夏野菜の跡地が良いとの事で、まだ枯れてはいないけど、もう実もならず終わったっぽいミニトマトの周りにまく事にした。
この段階では1平方メートルもあれば良いらしいのですぐに終わった。(だったら、さっさとやれば良かったのに...)
玉ねぎを蒔いた

他の作物の様子

白菜

一部、虫か何かに食われた箇所があった。
空き地には後々キャベツか何か植えるか...
食われた白菜

トウモロコシ

全体的に樹勢が落ちて来て、段々枯れるものも出て来た。
って、まだ一本も収穫してないのに...枯れて来たトウモロコシ
それだけ「やせ地」って事だろうか?
まあ何年も放置されていた所だし、肥料も何もやってないしね。

今の段階ではトウモロコシはまだ早い、合わなかったのだろう。
それが分っただけでも勉強だ。

自然農法の畑は段々「土が成長していく」ものらしいので、土が良い状態になった時、再挑戦してみたい。

トウモロコシは既にそんな感じなので、もうこれ以上の成長は見込めないかなと思い、実が小さいが一つもいでみた。
「毛が褐色になって来たら採り時」と本に書いてあったので、その時期でもあるのだろうと思った。

この写真だと上の方に残っている毛は白いけど、下に垂れている毛の先端の方は黒っぽくなっていた。
トウモロコシ

スポンサーリンク

皮をむいたら、虫食いがあった。
それにやっぱり実が充実していない...トウモロコシ、虫食い
初めての事だし、これが収穫が早かったからなのか、遅かったからなのか、あるいは虫食いだからか、さっぱり分らない。

皮を完全にはいで、クルクル回して眺めていたら、一粒だけ「トウモロコシっぽい」実が出来ていた。
トウモロコシ
生で齧ってみたら、ほんのり甘かった。
採るのが早かった?

もったいないので、膨らんでいない部分もガリガリ齧って食べた。
美味くは無いけど、ほんのり甘くて案外食えた。

 

ピーマン

ナスはソコソコ採れたけど、ピーマンは今一つだったな。(まだ少しは採れそうだけど)
ピーマンもまだ「土の成長度」からすると早かったのかもしれない。
ピーマン

キュウリ

え~と...
ようやく3本目の収穫かな?
でも中々立派なのが成っていた。
キュウリ
味噌付けて食った。
美味かった。

ニラ、花が咲いた事で見分けがつくようになったが、案外その辺に結構生えていた。
どれか覚えておいて、草に埋もれないようにコントロールすれば、もうニラ買わなくて良さそうだ。ニラの花

食べられないけど、畑の片隅に咲いた彼岸花。
曼珠沙華とも言うらしい。彼岸花

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー