生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

敗者復活の試み ヤラれた大豆をダメ元で治療してみた

time 2016/08/17

敗者復活の試み ヤラれた大豆をダメ元で治療してみた

スポンサーリンク

何度もイノシシに襲撃され殆ど葉っぱを食われた枝豆&大豆…
当初は「諦めるしかないか」と思ったけど、ダメで元々何か手を打ってみようと思った。

新芽に期待し傷ついた茎はカット

7/29
葉っぱを摘み取られ、ピンピンと茎だけが残っている状態…
せめて、この茎をカットして栄養をそちらに取られないようにして、これから出てくる新芽に期待しようと考えた。

カット前の様子敗者復活実験 処理前

カット後の様子敗者復活実験 処理後

 

その後どうなったか?

8/6
同じ株を定点観測すれば良かったのに、どの株を撮影したか忘れてしまったので、正確ではないものの…

一応、新しい葉っぱが発生し、何とか生きている。敗者復活実験処理一週間後の大豆

株によっては中々良さそうな感じ敗者復活実験処理一週間後の大豆

 

さらにその後…

8/17
やっぱり株によって全然違う。

これ等は何とか生きてはいるけど…
2週間以上経ってもコレでは絶望的でしょう。敗者復活処理をした枝豆のその後

スポンサーリンク

 

コレなんかは結構回復した感じ。敗者復活処理をした大豆のその後
敗者復活処理をした大豆のその後

まとめ

処理はヤられてすぐじゃなくて、しばらくしてから思い付いたので、株ごとに行った時間差がある。
やっぱり早く手当したもの程回復できたみたいだ。

それから、「早生」タイプは厳しいっぽい。
多分、ヤラレタ時点で既に殆ど成長しきってしまっていたのだろう。
回復の余力がもう無かったのかも。

晩生タイプはヤラレタ時点でまだ若かったから「伸びしろ」と言うか、成長力が温存されていたのだろう。

残念ながら枝豆は収穫出来そうもないが、このまま守り切れれば何とか大豆は収穫出来そうだ。
収穫後は自ら味噌など作って「味噌を買う」事から卒業したい。

なんて事を考え、書いた今日…

タイムリーな事に「納豆が想像を、はるかに越えるほどに、簡単にできた」と言う記事を知った。
大豆と藁だけで納豆を作る

納豆も「買う事から卒業」出来るかな?

 

覚書 本日の収穫

記事内容とは無関係ですが、日記・覚書として…
wp-1471436113962.jpeg
どれくらい穫れるものか分らなかったし、色々加工できる大豆や主食系と異なる、オカズ系の上保存もそれ程きかない系の為、様子見で苗たった一本ずつ植えた訳だが…
このペースだったら何本か植えても良かったかも。

それでも…
市販のよりもずっと小さく、穫れるペースも遅いけど、やっぱり穫れるというのは嬉しいものだ。

ちなみにミニトマトは一々書いてませんが、毎日1個2個は穫れてます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー