生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

対猪戦 紐で畑を囲う試み

time 2016/08/12

対猪戦 紐で畑を囲う試み

スポンサーリンク

常夜灯の効き目が切れてから、「こりゃ全体を柵で覆うくらいしないとダメか?」と思った。

材料は竹とかいくらでもあるので、工夫すればお金はかけずに済むかもしれないけど、流石に全体を覆うのって中々労力がいりそうで、想像するだけで途方にくれた。

だからと言って何もしない訳にはいかない。
どうやって組めば少ない労力で済むか、考えた...

そこで「畑を紐で囲って、紐に鳴子をぶら下げたらどうか?」と思いついた。
「紐に触れると鳴子が鳴る」それをイノシシが嫌がるかもしれないと思ったのだ。

さらにその後、「紐で囲うだけでも効果がある。電柵の痛みを一度経験したイノシシは、紐があるだけで警戒するから」と言う話を聞いた。

鳴子はともかく、紐引く位ならすぐ出来そうだ。
とりあえず紐を張るのを早速やってみようと思った。

8/3
青い光による脅かしと立て続けに設置。
「効いたとしてもどっちが効いたか分らんな」とか思いつつ作業。

スポンサーリンク

1mちょっとに切った竹を数m置きに刺し、そこに麻紐を引いた。
プロレスのリングのようだ…紐で畑を囲う

紐で畑を囲う

引いた紐はこの画像の通り上下二本だけなので、間をくぐろうと思えば簡単にくぐれる。
なので、とりあえずコレは障壁と言うよりもコケオドシに過ぎないが、こんなんでも効いてくれれば有難い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー