生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

孤島で孤立した状態のアイツは紙一重で己を保っている

time 2016/04/30

スポンサーリンク

2016/4/29

電気の契約が前の家主のままになっているので、変更しようと電力会社に電話したら「この時間帯は停電などの緊急の要件のみの受付となっております」と言う録音が流れて来た。いくら聞き続けても「どの時間帯から通常の受付をする」旨を言わないので途方にくれたが、しばらくして気が付いた…

今日は祝日だった…

ノージョブ状態なのでなかなか気が付かなかった。

ノージョブあるあるですね。

 

さて、今日は「孤島で孤立した状態のアイツ」の救出をしたいと思う。アイツはギリギリの所、紙一重で己を保っており、指先一つの力でもダウンさせられる状態。

 

「孤島で孤立した状態のアイツ」とは…

腐れ床にかろうじて立っている食器棚

コイツ。穴の開いた腐れ床の隅でナナメになりながらもかろうじて立っている食器棚。

指で突くとユラユラ揺れる。いつ倒れてもおかしくない。「アイツが再び使えるか」は分からないが、中の食器は使えるだろうし、倒れてガラスや食器が割れると厄介なので何とか救出したい。

 

上を見ると、御覧の通り天井に穴が開いており、雨漏りする。

天井の穴

スポンサーリンク

それで床も腐れている訳だ。

 

まずは作業に邪魔な障子を引こうとしたら…

バリッと枠が取れた。

引き戸を引いたら枠が取れた

これはそのまま解体して外した。

 

アイツの周りは踏むと抜けるレベルなので、梯子をかけて足場を作る。

梯子で足場を作る

 

まずはソロソロと中の食器を抜いて、最後にアイツを救出。アイツはカビや汚れが酷かったが、意外にも歪みや腐れは無く戸の開け閉めも問題なく出来た。綺麗に掃除すれば使えそうだ。

 

アイツのいなくなった場所…

床の穴

 

ボロ部屋全景

ボロ部屋全景

 

全部屋の中で最も痛みの激しい部屋。

ここは土間に続く部屋なので、今後の展開としては床張りはせずに床自体を全抜きして土間を拡張しようと考えている。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー