生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

地下からの物体X

time 2016/07/18

地下からの物体X

スポンサーリンク

郵便局で金を下ろそうと思ったら、何故か自動ドアが開かない。

「あれ?おかしいな… まだ17時前。窓口は終わってるにしても、まだATMは使える時間だろう?」

自動ドアに表示されている営業時間を確認しても「ATM18時まで」と書いてあるので間違いない。
一瞬「今日は土日か?」と考えがよぎったが…
「そんな筈はない。月曜で間違いない。」とすぐに否定。

「ま、田舎だしな… 今日は何か事情があるんだろう。」と深く考えず、役所の近くの本局へ向かった。
元々役所に国保の金を払いに行く為に下ろそうとしていたので、本局へ行くのも手間ではなかった。

ところが本局でもやっぱり自動ドアが開かない。
ドアが壊れているのかと手で引いてみたらロックされていた。

「…? 何故だ? さっぱり分らん…」
「今日は何か町のイベントか何かあるのだろうか?」

手持ちの金は殆ど無いのでこのまま役所に行っても払えない。
仕方なしに来た道を引き返した。

途中、駐在所の前を通り過ぎた時、国旗が掲げられているのが見えた。
「…ん?駐在所っていつも国旗掲げてたっけ?消防署とかはいつも掲げてたような?ま、同じ役所関係だからな…」

しかし、結局その国旗がずっと気になり、家に帰ってからスマホのカレンダーを確認すると… 今日は祝日だった。

気が付くのにかなりの時間を要してしまった。

 

新畝追加

今まで畝は1号から東へ東へと増やして来たが、今回は1号の西側のまだ空いていたスペースに作った。
東端が家の前からだんだん遠くなってイノシシ被害が心配になってきたと言う理由。

一気に二本作ったが、一本目は割と真面目に作った。
しかしこう言う作業は夏にやるもんじゃないかもね…(暑いから)

一本目には知人から貰ったこんにゃく芋を植えた。
貰ってから結構放置してたけど、大丈夫だろうか…

畝幅は1m位。
左右に一列ずつ、株間は20㎝位とって植えた。
畝の丁度真ん中ラインには余っていた大豆「さといらず」を植えた。
畝零号

 

二本目、これはヤッツケ仕事。
「東側に一本目を作った際に掘った通路があるから、西側にはいらんだろ」と判断。
やった事は表面の草刈りをざっとしただけ。
一本目は通路を掘って出た土を上に被せているので、表面は若干「耕した」ような柔らかい土になっているが、こちらは完全に不耕起畝。
凸凹で荒く硬い、ワイルドな土状態。

スポンサーリンク

事前に調べた情報から「コンニャクは弱い」と知ったので、一本目は真面目畝にしたが、こちらに植えるのは余っていた大豆(さといらず)とトウモロコシ。
「こいつら強いから多分、大丈夫だろ」と判断。
後「余っていた」と言う点から愛がかけてるのかも…
畝零号2

 

 

謎の物体X

一本目の畝の通路を掘っていた時、土の中から白いカプセル状の「何か」が出てきた。
はじめ、先端がチラッと見えた時、「ビニール手袋」の指先かと思った。発掘された謎の物体X

触るとポヨポヨしている。
ビニール手袋じゃないと分かって次に思ったのは「何かのサナギ?」
しかし、大きさはこれ位。(5㎝位か)
虫にしちゃデカいような…謎の物体X
ネットで調べたら、どうも「蛇の卵」っぽい感じ。

何でもすぐ調べられる…
便利な時代になったものだ。

ついでに「ひっくり返したりすると卵がダメになる」と言う情報も知ってしまった…
もうダメかも知れないけど、何者が出てくるのか気になるのでペットボトルに移してしばらく観察する事にした。物体Xを飼育

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー