生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

人生初、マイ畝を作る。

time 2016/05/30

人生初、マイ畝を作る。

スポンサーリンク

 

5月26日

引っ越し後1カ月以上経ってようやく自分の畑仕事を開始。

新品の鍬を購入したが、畑(元田んぼを利用)は石が多く、不用意に打ち込むと石に当たってすぐボロボロになりそうなので結局スコップで穴(通路)を掘る事にした。
スコップは物件に残されていた物
このような用途にはむしろスコップの方が良さそうだ。
もしかして鍬なんかいらなかったんじゃないか…

畝(作物を植える所)は耕さず、通路を掘って、その土を畝部分に被せるだけの方法を取る事にした。(自然農方式)
生の草を埋めると分解が遅れて良くないらしいので、土をかぶせる前に鎌で草をギリギリまで刈り取る。(ザックリとした”高刈り”は少し前に刈り払い機で行っていた)
その後被せた土をレーキで平らにならす。

畝づくり三種の神器
2時間くらいで半分…
長さは4~5m位か。

畝作成途中

スポンサーリンク

 

ようやく両サイドの通路を掘り、幅約1mの畝完成。畝完成

 


5月28日

中央に落花生の種を植えた。
品種を覚書として書き残そうと思ったが袋を捨ててしまったようだ。
とりあえずコメリで買ってきたアタリヤ農園の千葉県産の落花生だった。
鳥に食われやすいと何かで見たのでとりあえずの思い付きでペットボトルを半分に切って被せてみた。

落花生の両サイドには「夏大根(白首夏大根)」を20㎝位離して5粒ずつ位植えてみた。

そして最後に刈った草を被せて草マルチとした。

畝に作物を植えた

 

見よう見まねだが、これで大丈夫だろうか…

尚、大根の種はまだまだ残っているが、落花生は一袋に13個しか入っていなかった。
11個植えて残り二個はペットボトルで苗まで育ててみようと思う。

余った落花生はペットボトル育苗

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー