生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

中国製のプラスチック米、笑えるのか?

time 2016/12/24

中国製のプラスチック米、笑えるのか?

スポンサーリンク

 

Yahooのニュース一覧にも載ってたようですので、結構な人が見た記事だと思いますが、ナイジェリアで「中国から密輸されたプラスチック米が押収された」らしいですね。
http://www.afpbb.com/articles/-/3112154

正直、私も見出しを見た瞬間「また中国かよ(笑)」と思いましたが...

記事を読むと、意外と「う~ん」と考えてしまう事がありました。

それは、記事の最後のこの部分です。

 ナイジェリアは主食であるコメの生産増をかかげ、外国産米の輸入を禁じている。しかし、国内では急速に進むインフレの影響でコメ価格が急騰。
コメ50キロの店頭価格は約2万ナイラ(約7500円)と、1年前の2倍以上に跳ね上がった。
11月のインフレ率は、高騰する食料価格に押し上げられて18.5%に達し、13か月連続で上昇している。

コメ価格が急騰。
1年前の2倍以上。
そりゃ、貧しい人は苦しいですよね。
それで「怪しげな米」の付け入る隙が出来た。

何かデジャブ...

そう、つい先日、当ブログで書評を書いた「餓死迫る日本」の中でも繰り返し書かれていた、日本で過去に起きた食糧騒動・食料危機の原因にそっくりです。

それに「餓死迫る日本」著者が「今後また発生し得る」と恐れて描いていたシミュレーション・シナリオでも「食料インフレ」の様が描写されていました。

「餓死迫る日本」ではその結果→餓死、暴動といったスタンスで書かれていましたが、もう一つのパターンとして、この様な「偽米」や「毒米」、極端に品質の劣る米が流通し、そんなものに頼らざるを得ない人が多く出る...そんなシナリオも考えられますね。

普段、いくらの米買ってる?

私は現在貧乏なので、スーパーで一番安い米を買っています。
10㎏で3000円位です。

ところが、スーパーじゃなくて、ドラッグストアとかホームセンターでも米売ってるのですが、そこだと一番安いのは10㎏で2000円位のものがあるのです。

流石の私でも今はまだ、それは避けています。

何故か?

一応、「スーパーで一番安い米」の原料欄を見ると、同一県産、同一品種、要するに出所が大体同じだろうと思われるのです。

ところが「ドラッグストアで一番安い米」は「ブレンド米」なのです。

それの何がヤバいか?

私、前に「コメほど汚い世界はない」という本を読んだことがあります。

中々衝撃の内容でした。

スポンサーリンク

この本にも書かれていたと思いますが、読まずとも有名な話として”「魚沼産コシヒカリ」の流通量は、生産量より遥かに多い”事実があります。

要するに、「魚沼産コシヒカリ」として売っているモノの何割かはニセモノだという事です。
ご存知でした?

この時点でも「中国を笑えない」ですが...

産地偽装などまだ良い方で、もっと恐ろしい話として「線路の除草の為、農業では有り得ない程高濃度に除草剤を使った所」があり、それが雨などでその成分が流れ出し、隣接の田んぼに流れ込む事があるそうです。

あるいは同じように、田んぼの上に産業廃棄物の処理施設があるとかで、染み出しによって田んぼが汚染されるとか。

そういった所で採れた米。

通常には流通させられないのですが、やっぱり「怪しげなルート」はあるようです。
そして「怪しげなルート」でどのように処理されるかというと、「普通の米に少量混ぜて毒性を薄める」等されるとか。

だから、本当は、表示なんかアテにはならないと思います。

私もブレンド米を避ける事で、その様な米を避けているつもりでも、本当の所は分らない。

だけど、一応価格と中身に相関関係があるとするならば(悪徳業者にも一定の良心があるならば)、やっぱり「安すぎるには何か訳がある」と思います。

金で買うしかない以上、そう信じるしかない。

しかし、それが正しいなら、金で買わざるを得ない状況では、「払える額で安全性が左右される」という事にもなりますね。

 

今後どうなる日本の米

それで、冒頭のナイジェリアの話に戻りますが、きっとナイジェリアでも「それでも中国産の密輸米を買わざるを得ない」人々がいるのでしょう。

日本だって今後、例えばTPP等グローバル化で輸出入の自由度がさらに増したら?
10㎏で1000円とかの米が売られるようになるかもしれない。

安い外食産業などは当然、コストカットの為、そういったモノを使うでしょう。

それから、考えられるのは、同時に「国産米の値段が今のままか?」という事。
「餓死迫る日本」の書評でも書いた事ですが、日本の農家はドンドン、スゴイ勢いで減っています。
さらに10㎏で1000円等という米が大量に流通したら?

国産米が「競争にさらされ安くなる」のではなく、「儲からないから辞める」とかで淘汰され、残った国産米が希少価値を生む可能性は高いと思います。

そうしたら、当然値上がりですよね?

今は貧乏人の私でも、心配なら買う米のグレードを上げる事が出来ています。
グレードを多少上げてもまだ手が届くからです。

それが「手が届かない」状況になる事も今後は考えられます。

それから貧富の差の拡大も心配です。
それに関してはまた別記事で書こうと思いますが、当面の流れとしては不可避な気がします。

それで、貧乏人は「安心な米」等、買いたくても買えない状況へとなっていく事も考えられます。

と、いう事で、一番安心なのはやっぱり「自給自足」でしょう。
早いところ態勢を整えないと...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー