生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

ヤバい...蒔き時を逃しつつある...

time 2016/12/03

ヤバい...蒔き時を逃しつつある...

スポンサーリンク

前回までのあらすじ
二段目の畑(元田んぼ)に小麦を蒔こうと思ったが、そこでシカの糞を発見
蒔く前に、まずはフェンスで囲む必要があると判断。
そしてフェンス(ネット)の支柱にする竹を切っては打ち込み、切っては打ち込み...
ヤバい、面積広いから中々終わらねぇ。

満身創痍の自作木槌

前回切り出した竹も全て消費した。
けれども、まだ足りない!

またも竹藪から切り出しに行く。

コイツが畑の端まで侵食して来ている竹藪です。
これでも既にかなり切ってスッキリしつつある状態です。畑の端、山との境目竹藪
そして、この上には道(現在は野生化)が一本あり、その向こうが竹林~山という配置です。

追々はこの「畑の端」を完全に片づけ、竹林の方も整備していきたいです。
現在は竹林も縦横無尽、滅茶苦茶に竹が生えまくって、竹自身が共喰いというか、自滅というか、健康とは思えない状態になっています。

それはともかく、まずはこの「畑の端」からバンバン切っていきます。

そして切った竹を背丈ほどに切り分け、先端を斜めにカットし竹槍化。
自作木槌で大地に打ち込む!
打ち込み間隔も大体背丈ほどです。

そして...
ようやく二段目の畑をぐるりと取り囲みました。
歩幅でざっと調べた感じだと、7~8畝(70~80m × 10m、210~240坪)位の面積です。

自作木槌が所々割れています。
傷んだ木槌

傷んだ木槌
よく頑張ったな...お疲れ。

元・腐れ床の柱ですが、何とか任務完了。
割れきてますが、まだ使えそうです。
今後も出動してもらう事があるでしょう。

 

いよいよネット張り

この様な感じで支柱に固定していきます。
防獣ネット張り中

支柱への固定方法は結束バンド(タイラップ)にしました。
何せ箇所が多い。
紐で縛るより手っ取り早いと考えました。
100均でも買えて安いしね。

ネットはこのような「防獣用」の品

楽天市場


Yahoo!ショッピング

高さは1mの物にしました。

イノシシは本気出すと120cm位跳べるようですが、それは自動車や電化製品等で言う所の「カタログスペック」、つまり、他の条件が余程良くないとその力は発揮できないらしい。

基本的には跳ぶより潜る事を好み、ワザワザ跳ぶ事はあまりしない。

という事で、イノシシが力を発揮できる「他の条件」を潰す事も合わせていけば1mあれば良いだろうと判断しました。
(例えばネットの周りを刈って隠れ場を無くす等)

この辺の知識はこの本などで勉強しました。
以前書評も書いています。


また、サルに関しては、対抗するには3m位のネットが必要ですが、その分コストもかかる。
以前の記事にも書いた事ですが、小麦に関してはサルは問題ないのではないかと考えており、1mという判断になった訳です。

ここでも活躍、電気草刈り機

さて、この様にネットを張っていると、たまに支柱と支柱の間の草刈りが雑だったりする所に出くわす訳です。
この様に。支柱と支柱の間の刈り忘れ雑草
この様な所の処理に以前紹介した電動草刈り機が良い感じに活躍してくれました。

エンジン式の刈払機だと、重いし、エンジンかけるのもひと手間だったり、細かい仕事が苦手だったりしますが、軽いので「一応現場に持っていき」、そして電動なのでスイッチオンした時だけ動かせる。

エンジン式持ってても使い分けで役に立ちそうですね。

ヤバい。蒔き時を逃してしまう...

そんなこんなで本日はまる一日ネット張りしてたのに...
これも結構時間かかりますね。

半分くらいしか終わらなかった。防獣ネット張り途中

小麦の蒔き時は「最低気温3度位の頃」と本で読んだのですが、ボチボチ最低気温は3度を下回っています...

くそう...無職なら毎日そればっかり取り組めるのに!

最近はバイトとかしてるもんで、まだ少し先になりそうです...

信念は揺るがない。働きたくない。lineスタンプ「ニートの演説 アニメ編」

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA