生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

ブロックロケットストーブに逃避するも挫折

time 2016/10/23

ブロックロケットストーブに逃避するも挫折

スポンサーリンク

前回までのあらすじ
廃品の一斗缶や蔵で眠っていた古煙突を使ってロケットストーブを作りました。
作ったまでは良かったけど使いこなせず挫折

一斗缶ロケットストーブからの逃避 ブロックでストーブを組んでみた

前回、一斗缶ロケットストーブを中々使いこなせず「一斗缶ロケットストーブは扱いが難しい」そう思ってしまいました。

「何か火を付けたり安定燃焼に持っていくまでの過程にコツとかあるんだろう」と。

そんな訳で、少し一斗缶ストーブから気持ちが離れていました。

そしてあの1号機の火付きが悪かった原因として「垂直の煙突(ヒートライザー)が短いせいじゃないか」とか、あまり根拠も無く考えました。

と言うのも、「一斗缶ロケットストーブ」で検索すると、一斗缶(あるいはペール缶)を二段重ねにして作っている人が結構いるようなのです。

「あれって高い程火力あるんじゃね?」と思ったのです。
それで、高さをもう少し上げてみたいと思いました。

だけどまたパーライトとか材料揃えたりするのも多少は金もかかるし、上記のように一斗缶から気持ちが離れていたので、別の材料に着目しました。

それは「ブロック」です。
ロケットストーブで検索すると、一斗缶やペール缶の他に、ブロックやレンガで作るパターンも定番としてあるようなのです。

ブロックなら買わなくても家にいくつか転がってるし、形を組むだけでいけそうなので、「作る」という程の手間もなさそうだと思いました。
失敗しても組み直しも容易そうだし。

どこに組むか?

一斗缶ストーブとの違い、デメリットは「容易に場所移動が出来ない」でしょう。
いくら組むだけだから簡単とは言え、重いブロックを毎回組むのも面倒臭い。

さあ、どこに設置しようか?

外で組んでも良かったのですが(むしろその方が無難)、家には土間があります。
そして土間には五右衛門風呂の焚口と煙突があります。五右衛門風呂の焚口と煙突

五右衛門風呂の煙突

どうせ土間だし、現時点でススだらけの汚い状態。
今さら汚す事に躊躇いは全くありません。

外に設置するより良い点は、「煮炊きのついでに暖房にもなる」事。

それに、この煙突、利用できないだろうか?

この煙突へ煙を逃がすように組めば良いんじゃない?

早速組んでみた

ブロックと、一部レンガですね。
全部その辺に転がっていた資材です。
一斗缶よりも焚口から火口までの距離が高くなりました。ブロックロケットストーブを組んだ

レンガの所が火口です。
ここに鍋とかヤカンを載せれば煙を抑え…ブロックロケットストーブ、カマド式煙抑え

ブロックの穴を通って煙突に煙が逃げるんじゃないかという目論見煙の逃げ道予想

燃焼テスト

GO!ファイヤー!ブロックロケットストーブ、点火

…ちっとも「ゴー!」と燃えない。

火口を密閉しているのが良くないのかと思ってコンロの五徳を噛ませてみたら…

グホッ~! 例によってスゴイ煙!ブロックロケットストーブ、煙だらけ

スポンサーリンク

家は構造的に勝手口がすぐ近くにあるので、そこを開けばすぐ外ですし、家自体隙間だらけですからこのような事態でもさほどの問題ではないのですが…
家のつくりによっては結構無茶な事なんでしょうね。

そして… やっぱり火口まで炎が上がってこない。ブロックロケットストーブ、煙がすごい

今回も「燃えない」&「スゴイ煙」で失敗に終わりました…

火の扱いって難しいね…

 

対策実施

煙は目論見が外れ、煙突に逃げてくれなかったようだった。
なので、今回は、「煙突部で一回何か燃やす」事で「流れ」を作ったらどうかと思いました。

組み方も若干変えました。
焚口部分の両サイドブロックを横から縦にしました。
ブロックロケットストーブ改
理由は、横置きだとブロックの穴から煙が逃げるかもと思ったからです。

煙突部で一回何か燃やす

煙突部を塞いでいるレンガをどけて…ブロックロケットストーブ煙道

ここで何か燃やす。ブロックロケットストーブ、煙突も温める

そしてGO!ファイヤー!ブロックロケットストーブ改、点火

…煙は前回よりマシになった気もするが…

やっぱり一向に「ロケット」な燃焼に至らない。
見よ、この炎の小ささ!
ブロックロケットストーブ、火力が弱い

炎はとても火口まで届かない。ブロックロケットストーブ、火が上がってこない
そして放っておくとすぐ鎮火しやがる。ブロックロケットストーブ、風前の灯火

う~ん…分らん。
まいった。
皆良く使いこなしてるな~

次回へ続く

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー