生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

バイク不調で焦る...田舎での足を考えた

time 2017/01/09

バイク不調で焦る...田舎での足を考えた

スポンサーリンク

バイク一台が頼り

良く「田舎では車が必須」等と言いますが、私は現在車を持っていません。

足はスーパーカブ(JA07)一台のみ。

新車から乗って6年目。
総走行距離は16000㎞位です。
移住前の走行距離は確か8000㎞もいってなかったので、移住後の1年足らずで8000㎞以上走った事になります。

やっぱり使うな~。

東京ではどこでも電車で行けますし、徒歩や自転車圏内でも大概の用事は済んでしまいましたので、バイクも「普段の足」としてはそれ程使ってなかったんですね。

「田舎」と言っても様々で一概には言えませんが、私の住んでいる辺りは「電車の最寄り駅まで13,4㎞」「最寄りバス停まで1㎞以上(尚且つ本数も少ない)」「一番近いスーパー、ホームセンターまで5㎞位」「診療所、役所等へは7,8㎞」といった感じです。

バイトするのにもある程度募集があるのはせいぜい13,4㎞以上先の世界。

しかも、中山間地でアップダウンは非常に多い。
やっぱり自転車とかじゃキツイだろうなと思います。

自給自足スタイルが完全に近づくほど、出かける必要もなくなっていくと思われますが、金を稼ぎに行ったり、金で何か購入する必要があるうちは「足」は必須と思います。

そんな訳でバイクに頼りまくっていたのですが、ここ最近不調が続き焦りました。

 

煽られるのが嫌い

バイト帰り、夜道を走っていると、後続車が車間距離を詰めてきました。
煽ってるのかと思って、広めの場所で左に寄って一時停止し、先に行かせようとしました。

ちなみに私、煽られるのが大嫌いです。
だって危ないじゃないですか。
煽る人は、万が一、何か予想外の事が起きて先行車が急ブレーキとかしたらどうなると思ってるのでしょうか?
理解に苦しみます。
先行車がバイクなら、高確率で相手を死なす事になりますよね。

もっとも私は現代のシステムが立ち行かなくなった時の事を心配して自給自足とかに拘るような人間ですから、特にそういった「万一の事」「失敗した時の事」が気になるタイプなのですが。

...それは兎も角、バイクの良い所の一つはそういう「先に行かせる」のが容易という事だと思っています。
四輪だと道幅の関係で「煽られているのを我慢して走り続けないといけない」状況も多々ありますからね。

その様な観点からも「早く全ての自動車が”自動運転”になってしまえば良いのに」と思ってます。
自動運転カーが世に出てくるのが後3年後位か...

それも兎も角...
二段、三段に話が脇道に逸れましたので、話を戻しますと、「受け流そう」と思って端っこに寄って一時停止したら、後続車も後ろに止まって来たのですよ。

 

喧嘩に備え身構えたが...

そういう場合、喧嘩になるケースが多いと思って、「何故後続車が怒ってるのだ?」と喧嘩になる理由がサッパリ分りませんでしたが、兎に角、喧嘩に備えて警戒態勢をとりました。

とりあえずバイクにまたがったまま喧嘩を仕掛けられると危険なので、バイクのスタンドを立ててバイクから降りました。

後続車はクラクションを軽くプップと鳴らしています。

...?
煽ってるんじゃない?
何か言いたいのか?

そうした所、後続車から人が降りてきましたが、降りて来たのは意外にも女性でした。

そして「テールランプが切れてるよ」「後ろから見えないから追突されるよ」と教えてくれました。

わざわざ親切に...
「煽る」とか「喧嘩」とかそのような発想をしていた自分が恥ずかしい...

ちなみにこのテールランプ切れ、警察に見つかってたら罰金6000円位らしいので、危ない所でした。

しかし何せ後ろのランプだから、中々気が付きませんよね。

これをキッカケに何か毎回チェック出来るような工夫を考えようと思いました。
例えば、停めてる場所の後ろにミラーを置いておくとか。

スポンサーリンク

テールランプ交換

初めての経験です。
難しいのか簡単なのか、サッパリ分りません。

ネットで調べ、適応するパーツは把握しましたが、後記するように、あまりにも簡単な為か写真付きで交換方法を解説しているサイトは見つかりませんでした。

ちなみにスーパーカブ(JA07)のテールランプに使えるのはコチラ。

スーパーカブ 替えテールランプ

バイク屋に注文する必要があるか、ネット通販か、値段の相場も分りませんでしたが、近場のホームセンターに行ったら普通に売っていました。

中ぐらいのホームセンターなら大体置いてそうですね。
値段も200円ちょっとでした。

この値段とサイズなら、買い置きして車載して置いても良いかもね。

そして交換方法は、カバーをネジ一本で外し、単純に電球を引っこ抜く。
そしてグサッと替え電球を差し込むだけです。
これは整備の中でも最高に簡単な部類じゃないでしょうか。
スーパーカブ テールランプ交換

エンジンがかからない

そのようにして、テールランプ問題は無事解決したのですが、続いて発生したのがエンジンの不調。

走行距離的に色々出てくる時期なんだろうな。

その日は人と約束があり、15㎞程先まで行かねばなりませんでした。
約束の時間に合わせて出発しようとしたのですが、まさかのエンジンかからず。

スーパーカブというのはとても丈夫で、雑な扱いでも良く働いてくれるのですが、セルでエンジンをかけられず、キックを使ったのは今まで一度しかありませんでした。

しかも、その際は何度かキックしている内にエンジンはかかったのですが、今回はいくらキックしてもかかりません。

ついに諦め、電話して「今日は行けない」旨を伝えました。

さあ、どうする?
バイク屋(4,5㎞先)まで引いていくか?
それともJAF呼ぶか?

とりあえず、困った時のネット頼り。
「バイクのエンジンがかからない」等と検索してみました。

良くある原因はスパークプラグ、エアフィルター辺りのようです。

とりあえず見てみようとバラし始めましたが、一番怪しいプラグは工具が足りず結局外せず...

「もう諦めてJAF呼ぼう」と思いました。
その前に、ダメで元々、何気にもう一回だけセルを回してみたら...

何故かエンジンがかかりました。

謎...

良く分かりませんが、兎に角この機を逃すまいと、そのままバイク屋に直行しました。
バイク屋の見立てでもやっぱりスパークプラグだろうという事で、スパークプラグを交換し、色々と点検もして貰いましたが...

 

やっぱりバイク一台は微妙に厳しい(危うい)

今の所、何だかギリギリの所で幸運に助けられている感じですが、考えてみると色々危ういなと思いました。

そもそも冬は寒くてバイクは辛いという点もあるのですが、それは我慢するとしても、どこかに務めに行っている場合、もしバイクに何かトラブルがあったら、遅刻か欠勤必至です。
人との約束も、今回のようにキャンセルしたりする事になります。

買物や病院に行くのも片道1時間以上かかります。

毒蛇やスズメバチにヤラレたらどうすんだ...

今までバイク一台で「意外と何とかなる」と思っていましたが、今回のトラブルで逆に「意外と危うい」と考えが少し変わりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー