生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

ハクキンカイロを知ってるかい?

time 2017/01/27

ハクキンカイロを知ってるかい?

スポンサーリンク

ワタクシ、多分、かなり厚着です

毎日寒いですね~。

私、寒がりなので結構厚着しています。

上はTシャツ+ラッシュガード等薄手の長袖+極薄ダウン+ジャージやフリース等+ダウンジャンバーの5枚。
場合によってはジャンバーの下に薄手のダウンジャケットを着て6枚とする事も多々。
ダウン3枚重ね!

下は下着+ヒートテックタイツ等インナー+ズボン+ダウンのオーバーパンツの4枚。

さらに場合によっては首にはマフラー。

頭は常にニット帽か、最近のお気に入りはコレ。
顔を覆えるフリースの頭巾。

 

さらに屋内ではモコモコのルームブーツに指出し手袋。

 

急所は手

流石にこれだけ着こんでると0度前後でも頭、顔、胴体、脚は寒くないですね。

ただ、末端の「手先」はやっぱり防御力が低く、水とか野菜、金属とか冷たい物に触るとすぐ手が痺れてきます。

一度冷えると中々回復せず、手先から前腕にジワジワと冷えが伝わって来て...

弱点は手ですね。

 

USB暖か手袋を買ったが...

そんな訳で、手の冷えをどうにかしたいと思って、少し前にUSBで暖める手袋(の安物)を購入したのです。

この様なモノです。

私が買ったのは本当に安物で、送料込みで500円でした。

これを太っ腹に2つ買いました。

何故2つ?

ヒーターが手の甲のみに入っているようなので、コレを「ニコイチ」改造して手の平にもヒーターを仕込もうと思ったのです。

ところが...

ビックリするほどすぐ壊れました。

改造する間も無かった。
1か月と経たず壊れましたね。
しかも2つとも。

どう壊れたかというと、フト気がつくと何だか暖かくないのですよ。
元々「ほんのり暖か」程度のパワーしかないものでしたが、どう考えても暖かくない。

それで、ほぼこの手袋を活かす為に購入したモバイルバッテリーにつないでみました。
そのモバイルバッテリーは電力を供給している時はLEDランプが点くので、ランプを見れば通電しているかどうか分る訳です。

しかしモバイルバッテリーも僅か数年で劇的に安く、大容量になったものですね...
2011年の震災後、電力の「備え」の必要を感じるようになって、当時買った物は今主流の物の半分とか1/3位の容量で、値段は倍以上しましたからね。

やっぱり何でもデフレが進んでしまうのが基本の気がしますね。

それは兎も角、モバイルバッテリーに手袋をつないだ瞬間はランプが点くのですが、手を少し動かすとランプが消え、「あれ?」と思って手を動かすとまた点いたりする。

要するに接触が悪い?

どこかで配線が断線しているのでしょうか...

一応、安物とは言え半年くらいは保証期間があるのですが、メーカー連絡先がナビダイヤルだったのでかけるのを躊躇いました。
電話代使って、それでもし「送料はご負担下さい」とか言われた時にはもう赤字じゃないですか...
元が送料込み500円ですから。

それに2つ買って2つともこの有様じゃ、交換してもまたすぐ壊れるでしょう。

やっぱり安いには訳があるのか...

これはもう手袋としては修理せずに、追々徹底的にバラシて植物育てるとか、何かを醗酵させる熱源にするとか、別の目的に利用しようと思っています。

 

バイクのグリップヒーター

「手が弱点」というのはバイクに乗っていてもそうです。
胴体や脚は衣服でガチガチに守り固めてれば結構平気なんですが、やっぱり手から冷えてくる。

それでグリップヒーターという、ハンドルを電熱で温める装置を取り付けていました。

ところが、それも2年は持たなかったな~
ホンダ純正よりは安物だけど、激安品て程でも無かったのに...
確かデイトナというメーカーの5000円位の物をバイクパーツショップで買ったんですよ。

一昨年の秋に取り付けて、1年ちょっと、去年の11月頃にはスイッチ入れても暖まらなくなりました。
1年ちょっとの寿命でしたね。

やっぱりどこかで断線してるのかな。

一応スーパーカブ110(JA07)用ホンダ純正品もリンク貼っときます。

 

電気モノが信用できなくなった

そんな事が立て続けにあったもので、「何とかしたい」けれども電気モノで解決するのに躊躇いを感じはじめたのでした。

それでも手の冷えが辛いので「手を暖める系」商品をアマゾン等でグルグル見て回っていた時に、何の商品だったか忘れましたが、何かの商品のレビューで「ハクキンカイロの一択」という一文を目にしたのです。

「ハクキンカイロ?何それ?」
「多分、ホッカイロの一種なんだろうね。」

最初はそこまで引っかからず「確かにホッカイロも良いかもね」と思って、「貼れるホッカイロ」を両手に一つずつ、毎日使ったら一月幾らかかるかな?
等と考えはじめました。

それで、次にホッカイロは近所のホームセンター等で買った方が良いか、ネットの方が安いか等考え、調べ始めました。

そんな訳で数日カイロの事ばかり気にしていたのです。

そんな折、米でも炊いている時の待ち時間だったか?
手持ち無沙汰の時に、フト「そう言えばハクキンカイロって何だっけ?」と思ってスマホでポチポチ調べて見たのです。

 

「ハクキンカイロ」こんなモノがあったなんて知らなかった

ハクキンカイロとは、オイルを入れて、それで発熱させる仕組みの、繰り返し使えるカイロの事でした。
90年も前からある商品のようです。

商品説明を見ると、使い捨てカイロの13倍暖かく、「24㏄の燃料で24時間持続する」とかあります。
レビューも高評価が多い。

通常のホッカイロはどうも「使い捨て」というのが心理的に気持ち良くなかったので、このハクキンカイロに俄然興味が湧いてきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサーリンク

ハクキンカイロ STANDARD 保温24時間!HAKKIN WARMER 【smtb-MS】【RCP】
価格:3378円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)

 

そして購入

ハッキンカイロ

腕に巻き付けたり、手袋に突っ込んだりする事を想定し、あえて小型のミニサイズの物を2個買いました。(両手分)

 

ミニサイズでも燃料満タンで18時間持つとの事なので、必要十分だろうと思いました。

サイズ感はこんな具合。
ハッキンカイロミニのサイズ感

付属ポーチのラベルが丁度マジックテープのバンド(100均で売ってる自転車の裾巻き込み防止用)通しにピッタリで、加工したりせずに済みました。
ハッキンカイロ付属ポーチにマジックテープバンドを通す

 

燃料の調達に苦労

燃料のベンジンは「薬局等で買える」とどこかで読んだので、ドラッグストア等回ってみたのですが、ハクキンカイロ説明書には「使うな」と書かれている「染み抜きベンジン」しか売っていませんでした。

しかしライターオイルも使えるらしいので、ベンジンは諦め100均でライターオイルを買う事にしました。

はじめに行ったダイソーでは、「オイルライター」(ライター本体)は売ってるくせに「ライターオイル」(燃料)は売っていませんでした。

都会と違って別の100均までは20㎞くらい離れています。
どうする?

「ホワイトガソリン」というガソリンの一種も燃料に使えるらしいので、次はそれを探しましたが、これも中々その辺で売ってなかった。

キャンプ用品とか売っている店であれば、ランタンなどの燃料用に売っているモノらしいです。

ホワイトガソリンという存在もハクキンカイロ同様、今回まで知らなかったです。

尚、エネオス系のガソリンスタンドでは取り寄せで買えるようですが、多分、1斗缶(18リットル)単位での購入になりそうです。

 

結局その日は店頭での燃料購入を諦め、ネットでポチる事にしました。

 

燃料によって燃費が違うらしいが、リッター単価も凄く差がある

最初は素直に「純正ベンジン」を買おうと思ったのですが、ホワイトガソリンやライターオイルも含めて検討すると、悩んでしまいました。

レビュー等によれば燃費や発熱量はやはり純正ベンジンが一番良いようです。

しかし500㏄でこの値段。

一方ホワイトガソリンだと1斗缶で買った日には送料込みでもリッター単価が300円ちょっと。
同じ500ccで計算したら150円位です。

安さでいえばホワイトガソリンの一択だが...
1斗缶(18リットル)は多すぎる。
絶対ワンシーズンじゃ使い切れない。

ハクキンカイロのミニは18㏄で満タンだから、1000回分...
両手分と考えても使い切るのに何年もかかりそう。
そしてガソリンなんて何年も持つのだろうか?

周りに「ハクキンカイロ仲間」が居て共同購入出来れば一番良いのですが...

結局、ホワイトガソリンの4リットル缶を買う事にしました。
これでも500㏄で計算すると送料考えても300円ちょっとで、純正ベンジンより圧倒的に安い。

しかし注文した店は土日祝はお休み。
注文したのが金曜で、しかも月曜が祝日の週でした。

そうすると火曜に発送してくれても早くて水曜の到着か。
待ちきれん...

という事で、翌日別の100均へつなぎのライターオイルを買いに行きました。

 

万人にお勧めは出来ないが

はじめの数日はライターオイルで、ホワイトガソリンが届いてからはホワイトガソリンで使っています。

4リットル缶から直接カイロに注入するのは難しいので、100均ライターオイルのケースに4リットル缶から詰め替えて使っています。

100均のライターオイル

4リットル缶には漏斗が付属していましたが、口がオイルケースの口より太いので、今回は約に立ちません。
ホワイトガソリン付属漏斗

最初はゴミの「消毒用アルコールスプレーの口」を缶に突っ込みそれで汲み出していました。
「ナイスアイデア」とか思ったものの、3回位使ったらスプレーの動きがキシキシして悪くなりました。

ホワイトガソリン吸い上げ用ポンプコレ、ガソリンとか吸い上げるとダメになるのかな?

 

結局、ゴミのカセットコンロの空き缶から専用漏斗を自作しました。

ガス注入口に釘を打ち込むとスポッと栓?が抜けます。
カセットガス缶の口に穴を空ける   

口にスプレーのストロー部分を突っ込み、グルーガンで接着。
胴体は金切りバサミでザックリ切断。
カセットガス空き缶利用漏斗
カセットガス缶の口にストローを接続

しかし、缶の形状から、そのままだと以下の図「青線」部分にガソリンが溜まってしまって具合が悪かったので、そこもグルーガンで樹脂を流し込んで埋めました。
カセットガス空き缶利用漏斗の加工

でも、そこまでしてから思いました。

「そこまでするならペットボトルを流用した方が早かったのでは?」

 

そんな訳でしばらく使って見ての感想

暖かさ
暖かさは十分です。
フリースの付属ポーチに入れていても、薄手の服1枚隔てた位だと、30分しないうちに低温火傷しそうな感じになります。
結局純正ベンジンを一度も試してませんが、純正ベンジンだともっと熱いのだろうか?

持続時間
これがいまだに良く分からない部分がありまして...
持つ時とすぐ消えてしまう時のムラがあるのですよ。

持つ時は私が起きてる間中暖かい。
18時間見張っていた事は無いのですが、14時間以上は持つ時は持ちます。
寝る前にまだ暖かいので、最後に足元、敷毛布の下に突っ込んでアンカ代わりに使ったり出来ます。

すぐ消える時も、「すぐ」と言っても10時間位は持っています。

どうもその差は、「カイロ自体を保温出来てたかどうか」な気がしています。

カイロ自体を袖なりポケットに入れて一切出さなかった時等は良く持って、取り出して冷たい手を暖めたり、カイロを冷やすような使い方をした時は持続が短くなる感じです。

匂い
レビューを見ると気になる人も多いようですね。
確かに、気にすれば「石油ストーブみたいな匂い」がしますね。

総合
暖かさや持続時間、信頼性等は電気(USB)や使い捨てより上でしょう。
使い捨てなくて良いのも精神衛生上好ましいです。

商品として充電式USBカイロとかもあるようですが、それも結局電池寿命が来たらゴミになってしまいます。
一方ハクキンカイロはパーツ交換等していけば半永久的に使えそうです。
どこかで「爺ちゃんが使ってたやつ使ってる」なんて文章も見かけました。

ただ、燃料の調達、燃料注入や点火の手間が少し敷居を高くしているかもしれませんね。

点火に火も使わないといけないし、面倒と感じる人は面倒でしょう。
誰にでも勧められるかって言われると、YESとは言えない。

どっちかって言うと男性の方が好きそうなアイテムだと思いました。
美しく、愛着の湧くモノだとも思います。
趣味性が高いというか。

私は結構気に入りましたよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー