生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

ショック、最寄り高速バス停留所廃止。だけどこれは「始まり」かもしれない…

time 2017/05/07

ショック、最寄り高速バス停留所廃止。だけどこれは「始まり」かもしれない…

スポンサーリンク

痛たた…便利だったのに…

実家へ帰ったりするのに、主に高速バスを愛用していました。

岡山⇔東京の便は色々あれど、殆どの便の乗車場所は「岡山駅」か、プラスせいぜい「倉敷」。
どちらも私の家からは1時間くらいかかります。
面倒くさい。

それが、小田急のルミナス号という便は岡山県内をほぼグルっといくつもの停留所を回ってくれていたのです。

家から比較的近くからも乗れました。
非常に楽でした。

それが、今年の4月から停留所を減らされた事を知りました。

私が愛用していた最寄り停留所も廃止になりました…
ショック。

※それでも津山とかで乗れる珍しい便なので、岡山市や倉敷から遠い北部の人にはお薦めです。
直接申し込み以外にも、楽天とかでもチケット販売しており、たまにかなり安く買えます。
「どの日が安いか」探すには高速バス比較のサイトが便利です。

何故減らしたのか?

まあ、コスト・手間の問題でしょうね。
きっと、利用者が少ないから無駄だと判断されたのでしょう。

 

でも、これ、全体的な「流れ」なのでは?

さあ、不安を煽っていくよ!ニートの演説3 議論無双編より

 

全然畑違いの話ですが、最近話題になった「ヤマト運輸の値上げ、時間指定区分の統合」の事が頭に浮かびました。

あの話、理由は「人手不足で仕事が回らない」とかでしたね。

郵便、佐川も続いて値上げするようですが…

少子高齢化で人は徐々に減っていく。

それに、今までがあまりにも、何でもかんでも便利すぎた、「痒いところに手が届きすぎた」のかもしれない。

これから、同様に色々な事が回らなくなっていくでしょう。

次はどんな事が起きてくるのか?

例えば24時間営業とか年中無休が減っていくとか。

そもそもコンビニ等の数も減っていくかもしれませんね。

儲からない、採算合わない所から合理化されていくとすれば、田舎はますます不便になっていくかもしれません。

 

バスの話に戻すと、今後怖いのは、停留所どころか「そもそも他社含め便数が減る」「値上げ」等でしょうか。
例えば直通便がなくなって、途中で乗り継がないといけなくなったり…

イノベーションが起こらず、人手に頼っている限り、不可避な未来の気がします。

 

相乗りマッチング

「相乗りマッチング」サイト(長距離ライドシェアnotteco)とか最近はあるようですが、これもやっぱり人口少ない所は厳しいでしょうね。
現に試しに「岡山→東京」で検索したらゼロでした。

というか「首都圏」→「首都圏」でも数件しかヒットしないって事はまだまだ利用者が少ないって事もあるのかな。

 

省力化の流れ

後は自動運転カーが実用化されたらどう変わるか?

「ドライバーが失業する」という脅威であると同時に、「実用化してもらわないと色々回らない」面もあると思います。

そんな事を考えていた今日このごろ…

世間の様子をチェックするためヤフーニュース等ペラペラ見ていたら、タイムリーな話題を幾つか目にしました。

 

松屋と吉野家が超絶進化」とな?

記事を読んでみたら、要するにセルフサービス式にした店舗が出てきたとか。

スポンサーリンク

松屋は前から券売機で食券買う方式でしたが、それに加えて水とか料理も「自分で取りに行く」方式にしたようですね。
使った食器も客が自分で返却口に持っていくと。

しかし考えてみれば、そうした方式って何も目新しいものじゃないですよね。

例えば高速道路のパーキングエリアの食堂とか、ショッピングモールのフードコートとか、社員食堂的な所もそのパターン多いですし。

だから超絶進化は言いすぎじゃないか?
(しかも”進化”なのか?)

吉野家は変なコダワリ持ってそうだけど、松屋はどんどん全店舗それに変えちゃうんじゃないですかね。

ともかく、そうした方式の店を出した理由はやはり「人手不足」にあるようです。

 

その記事から他の関連記事を伝って見ていくと、「マック・無印でもセルフレジ導入」というものがありました。

やはり理由は人手不足。

そして、また他の関連記事を見ていたら、「ファミレスでは営業時間の短縮で人手不足解消を図る」事例が出ていました。

ガスト、ジョナサン等では深夜2~5時に営業していた店舗8割でそれを辞め、2時閉店の7時開店にしていくとか。

8割ってほとんどじゃないか。

「売上高は年間十数億減少するが、コスト削減で影響は相殺できる」との事。

それって逆に言うと、「元々儲かってなかった」「採算が取れてなかった」という事?

とっくに止めるべきだった事を続けていた?
サービス過剰だったとも考えられますよね。

 

このように中々悲痛な状況のようです。

人手不足で疲弊、もう「外食・小売り」は限界だ
バイト時給は過去最高、人件費が業績を圧迫

外食・小売業界は、出店や営業時間の拡大で薄利多売のビジネスモデルを維持してきたが、人手不足でそれも限界に突き当たっている。

人手不足に伴う採用コストの増加や、それを補うための正社員の残業増加などが企業業績を悪化させる状況も目につく。

東京・多摩地域を地盤とするいなげやは、2016年度の中間決算(4~9月)において人件費が前年同期に比べ7億円膨張。1978年の上場以来、上期時点で初の赤字となる2.1億円の営業損失に転落した。

やはり個別の企業の話ではなく、今までのシステムが「曲がり角を曲がった」のだと思います。

 

レジすら不要

「Amazon Go」知っていますか?
少し前にイメージビデオを見て驚きました。

要するにセルフレジどころか「レジ不要」のシステムで、店の入口でスマホをピッと読ませてチェックイン。
欲しい物を棚から取って、店から出れば自動で決済されるというものです。

仕組みは

買い物客が棚から取ったり棚に戻したりした品物を自動認識し、仮想カートでも商品を追加・削除する。
買い物客が店から出ると、Amazon Goアプリケーションにひも付けられたAmazonアカウントで請求と明細が処理される。

ITpro「Amazon.com、レジ精算不要の実店舗「Amazon Go」を来年初めにオープン」より

 

というものだそうです。

これをアメリカでは今年にも始めるとか。(3月予定だったのが不具合で延期になったようですが)

は~
まあ、最終的にはこうなるでしょうね。
こうなると人不要ですね…

利用者目線で便利かどうか、必要かどうかはさておき、なにせ経営側は「業績を圧迫」「コストの増加」「営業損失」とかヒーヒー言っている。
Amazonの様子を見て、こりゃイケるとなれば似たようなシステムに飛びつくんじゃないですかね。

その時までAmazonに駆逐、もしくは支配されていなければですけど。

でも「人手不足の解消」は良いけど、解消しすぎて全然人要らなくなったらどうなるの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー