生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

ショック… 追撃の猪

time 2016/06/05

ショック… 追撃の猪

スポンサーリンク

6月5日 雨のち曇り
昨日は一日雨だった。
だから、最近日課の草刈りもしなかった

今日、朝起きて畑を見たら…
冒頭のアイキャッチ画像のように落花生のガード用ペットボトルが散乱しているのが一目でわかった。
猪だ…またヤラレタ…!

畑におりて良く見てみると…齧られた落花生

齧っただけで何故か残してある。

これも…
あ~あ…落花生、芽が出てたんだなぁ…落花生…芽が出てたのに…

美味くなかったなら一か所だけにして後は手を付けないでくれよ…

今の所大根には目もくれてないようだが、何か所かは遠慮なく踏みつぶされていた。踏みつけられた大根

 

隣の畝の枝豆&陸稲はまだ芽を出してないので被害状況が分からないが、こちらも掘られてはいないものの踏み荒らされている状態。踏み荒らされた陸稲と枝豆の畝

 

畑に不自然に出来ているくぼみ。
猪が泥遊びでもしたのだろうか…猪が泥遊びでもしたのか…

スポンサーリンク

 

この下の画像はこのまえ刈り払った際の様子。
畑の東側に藪~山がある。
畑の西の方から畝を作り始めているので、刈り払いは「山側に攻めて行っている」形になる訳だ。
聞く所によると猪は「拓けた所が嫌い」で「藪が好き」らしい… 結構拓いたつもりだったが…藪を刈った

 

もしかすると、今回は東の藪から侵入して来たのではない?
そう考えて辺りを調査した。

南の土手を上がって来たのか?

…案の定、獣道があった。土手に獣道

 

いかにも猪が掘り返したような跡。土手の獣道。ここも掘ったな?

 

こうなりゃ土手も拓くしかねぇ…

土手にはススキが多く生えており、ススキは先日書いたように、草マルチに使うのに都合が良いのでしばらく残しておきたかったが仕方がない。
それに蜘蛛が結構巣を張っていたりして、「バンカープランツにもなってるんじゃないか?」とかも考えていたのだが…

※バンカープランツ
天敵を増やしたり温存する作物・植物のこと。バンカーは「銀行」の意味で、天敵を畑の銀行に貯金しておき、作物に害虫が発生したときにはいつでもこの銀行 から天敵を払い戻せるようにするわけだ。無防除だと害虫増加の後を追うように天敵が増加するのが自然の摂理だが、それでは被害抑制に間に合わず、収穫が激 減する。バンカープランツを設置すれば、天敵が害虫を待ち伏せする形に持ち込める。
http://lib.ruralnet.or.jp/genno/yougo/gy145.html

背に腹は代えられない。
肝心の作物が荒らされたんじゃマルチも糞も無い。

と言う事で、とりあえず畑の半分くらいまで土手を刈り倒した。土手を刈ってみた

う~む…
確かにかなり明るくはなった感じがする。
効き目の程は如何なものか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー