生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

その後の一斗缶ロケットストーブ 耐久性が...

time 2016/11/11

その後の一斗缶ロケットストーブ 耐久性が...

スポンサーリンク

前回のあらすじ
一斗缶でロケットストーブを作ったけど、最初は使いこなせずガッカリ。
でも何度目かの試運転で偶然上手く使え、その威力に感動。

ゴミだ。ゴミを燃やせ!

さて、その後、火を起こす事はまあ出来るようになりました。
自分なりに掴んだコツは、「最初は紙のゴミを燃やす」ですね。

新聞紙が一番燃えやすいですね。
でも新聞は取ってないので、それ程豊富に持ってる訳ではありません。
自分にとっては貴重な品です。
これをバカスカ使う訳にはいきません。

ゲームに例えると、「ファイナルファンタジーのエリクサー」と言うと言い過ぎですが、バイオハザードのショットガンとか、シューティングゲームのボム的なプチ切り札です。

だから、一発目は新聞紙から燃やしはじめ、続いてティッシュとかコピー用紙、封筒等のゴミを燃やしていきます。
ボール紙系は案外火付きイマイチですね。

で、メラメラ良い感じに燃えてきてようやく木の投入です。
燃料はもっぱら「有り余っている竹」を使っています。
細かくしやすいし。

だけど煙は結構出る

「ロケットストーブはすぐに完全燃焼するから煙が出るのは最初だけ」的な良い話は良く聞くのですが、このロケットストーブは(あるいは自分の使い方では)それなりに煙出ますね。
室内で使うのは厳しいです。

薪の湿り気とかの問題なのかな?
けど、現実はいつもそんなに良い薪ばっかりじゃないしね...

もう壊れてきた

アルミテープと耐熱パテで固めていた横の筒部分(バーントンネルとか燃焼室と言うらしい)のつなぎ目が...接続部が外れた一斗缶ストーブ

スポンサーリンク

パテもボロボロですね。剥がれた耐火パテ

隙間からパーライトがこぼれてきました。
だから、今の所はなるべく動かさないで使っていますが...

元々かなり古い、錆びた煙突使ってるという事もありますが、ちょっと寿命短いな~
そんなに何度も使ってないのに。

「竹は火力が強すぎて炉が傷むので薪ストーブとかの燃料には使わない方が良い」と聞いた事があります。
なのに竹ばっかり燃やしてるのも良くないのかもしれません。

この「ブレーキフルード号」(ブレーキフルードの一斗缶だから)ばかりに頼れないですね。

ロケットストーブ自体への興味はまだまだあるので、今後も色々試したいですが、とりあえず近々に何か次の手も考えないと、冬がヤバい...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー