生存戦略研究所

どう生き延びるか?今のシステムが続いても、終わっても。

「バラマキ」は楽だけど...

time 2017/01/14

「バラマキ」は楽だけど...

スポンサーリンク

バラマイタ

意味深なアイキャッチ画像ですが、まいたのは麦です。
金ではありません。

小麦とライ麦を蒔いたのですが、小麦は種も高かったし、「主食にしよう」とかやる気もあったので丁寧に「点蒔き」したのです。

一方ライ麦の種は安かったし、用途も「サブ(食べる時に小麦に混ぜて使うとか)」「緑肥用」とか実験的な意味合いが強く、また、かなり蒔き遅れていた状況(前回記事、蒔き当時の様子)だった為、半ばヤケクソに「これ以上遅れて収穫出来ないよりはマシだろう」とバラマキにしたのです。

小麦の点蒔きは7,8畝(10m × 7,80m)の面積蒔くのに3、4日位かかったと思います。
蒔いた場所は新たな栽培場所である二段目の畑。

一方、ライ麦は去年色々植えて使った一段目の畑全面、5畝くらいかな?
ここにバラマキをしたのですが、早い早い...
30分もかからなかったと思います。

バラマキ、滅茶苦茶楽ですね。

何の本か忘れましたが、以前読んだ農業関係の本の中で
「著者が青年海外協力隊か何かの任務でアフリカだったかに農業指導に行って、だけど肝心の日本では当たり前の農業資材が全くなくて無力だった。一方現地の人の農業のやり方が非常に雑で、『適当にパラパラ種を蒔いてそれで終わり』だけど、案外それでも育つ作物を見て著者は目からウロコ、肩の力が抜けた」
的な記述があったのを思い出しました。

私のこのライ麦がコレでちゃんと育つかはまだ、この先のお楽しみですけどね...

最近思うのは「農業の難しさ」
農業が何だか難しい、敷居が高い気がするのは、「やり方が色々ある」からじゃないかと思います。

例えば近々「春ジャガイモ」をリベンジ(秋ジャガはサルにヤラレテ全滅したので)しようと思っているのですが、育て方を改めて調べていたら、「種イモの切り口を上にするか下にするか」等、同じ事について真逆の意見がある訳です。

「こうした方が良い」「こうしないとダメだ」といった事の積み重ねで複雑になっていって、気がついたら難しい事になっていた。

だけど、収量とか効率とかあまり考えず、「それなりに採れれば良い」と原始的にやるならば、本当は単純で簡単な事なのかもしれません...

まあ、偉そうな事は「それなりに採ってから」じゃないと言えませんけどね。

そんな訳で、今回のタイトルとして「バラマキは楽だ」的な言葉を思いついたのですが、文字として打ち込んで、それを改めて眺めてたら「何だか意味深だな」と思ってあのタイトル画になりました。

いきなり「機」とか何だ!?

って「機を逃す」とかの機です。

種入手に関しての話です。

今回蒔いた麦の種、品種は小麦が「ユメカオリ」で、ライ麦が「緑春」というものです。
品種も色々あるから買う時は迷いました。

特に真面目にやろうと思った小麦の方。

ライ麦はどっちにしろ「食用」がほぼ無さそうで、「緑肥用」が数種類ある位かな?(それを食うつもりなんだけど)
あまり選択の余地も無く、値段も大差ないので「ま、どれでも良いか」となりました。
しかし色々ある小麦は一体何が良いのか?(パン向きとか麺向きとか色々ある)
簡単なのは何だろう?
かと言って高いのは現状の財政状況では厳しい。

色々悩んだ末、当初は「農林61号」という品種にしようと思いました。
何十年も続くロングセラー品種で日本の各地で作られているとかで、適応性が高いのかなと思ったのです。

それに粉にすると「中力粉」になり、本来麺向きのようですがパンも作れる。
実際検索すると、その農林61号でパンを作っている人も結構いるようでした。
という事で汎用性も高そうだ。

それに安かった。

そんな訳で、Yahooショッピングに店を出している「のうけん」で「ポイント5倍」の5のつく日に買おうと思いました。

種もみ専門店のうけん

確か前日か前々日位に様子を見た時、在庫数は999とかMAXっぽい表示になっていたので「急いで買おう」等と言うモチベーションは欠片もありませんでした。

ところがイザ「5のつく日」当日にショップを覗くと...

ざ、ざ、在庫切れ、だと...!?

皆ポイント5倍を狙っていたのか!?

驚きました。
全盛期のドラゴンクエストとか「たまごっち」じゃあるまいし、一夜にして売り切れるなんて...

この時はモヤモヤと後悔しました。
「何でもモタモタしてちゃいけないなぁ...」と即断即決で機を逃してはいけないと痛感しました。
それよりも前、ネットショッピングに限らず、米やジャガイモの種を買おうとした時も遅れて機を逃し買えなかった経験もあって、「種関係は季節もの。早い準備が大事」とか思っていたのに...

スポンサーリンク

仕方が無いので、「全く何も手に入れられない」状況よりは何か急いで買わないとと思って、農林61号の次点で悩んでいたパン向き品種「ユメカオリ」を別のショップで購入しました。

こちらのショップでした。
ベジタブルガーデン ハラダ

コレ、値段は農林61号の倍くらいするんですよ...

しかし、ネットショッピングに関しては個人的にはどっちかって言うとYahooショッピングより楽天派(カード持ってるので)なので、この辺の今後良く利用しそうなショップには楽天にも店を出して欲しいものです。



で、「種関係は何でも早く手を打つべきだ」とか思ってたんですがね...

改めて別記事で詳しく書こうと思いますが、春ジャガイモの種イモの準備(購入)を少し前にしました。
しかし、これに関しては、近所のホームセンターでは逆に、時間が経つ度に売られている品種が増えていきました...
それに伴ってか「何割引き」とかされている袋もあったりして。

この場合、逆に早く手を打ち過ぎが「機を逃す」事になりますね...
タイミングが難しい。

その後の麦の様子

結局、蒔き終えたのが...え~と...

「日記」「覚書」のつもりがリアルタイムですぐ書かないから忘れちゃったんですが、確か去年の12月16日だったかな?

で、およそ一か月後の1月13日の様子がこちら。

点蒔きは分りやすい(小麦)
ああ良かった。
成長具合は兎も角、とりあえず発芽はして育っている...

そして点蒔きにしたお陰でポイントが一目で分る。
その為雑草と見分けがつき難いイネ科だけど、「ああこれが麦なんだな」と素人でも分った。
だけど気になるポロポロした物体が写真左下に写ってますね...
成長中の小麦

 

ネットを見回っていると、一か所激しく破れている所を発見...破られた防獣ネット
う~ん...コストの関係でネットにしたけど、ネットの防御力ってどうなんでしょう?
トタンの方がやっぱり良いんだろうな...

後はルートに罠仕掛けて迎撃するしかないな。

 

ライ麦

一方バラマキしたライ麦は?

ばら蒔いたライ麦

ばら蒔いたライ麦
無事育っていました。

しかし、小麦の方で姿や大きさを確認してから見ているし、冬で他の雑草が育ってないからすぐ分るけど、幾何学的美しさや「育ててる感」のある点蒔きと比べ、バラマキは「無秩序感」ありますね。

コレ、春になったらどうなるのかな?

 

スポンサーリンク

down

コメントする




CAPTCHA


アーカイブ

カテゴリー